サロン体験・お茶会(しゃべくりセラピー)

サロンの様子知っていただいたり、子育ての話などおしゃべりする会です。
くろだに初めてお会いになる方、当サロンの利用初めての方、サロンの雰囲気を味わいたい方向け。
ご要望に応じて開催・出張も可能  。

内容
・参加メンバー 自己紹介
・おしゃべりタイム

基本は、東京町田市ルーチェパステルサロン   (最寄り駅は小田急線鶴川駅・京王相模原線若葉台駅下車)
自宅につき、詳しいご案内は申し込みをされた方に、直接ご案内させていただきます)
所要時間:2時間
開催日 リクエスト開催

会費:2000円(お茶・お菓子付き)   定員:5名(女性限定です)最低3名から※お子様連れOK
ルーチェパステル各講座のお申し込みはこちら

2012年10月30日 |

カテゴリー:お知らせ メニュー

11/16~18 神楽坂セッションハウスガーデンにて 12歩展に参加します

annnai

神楽坂セッションハウスガーデンでの12歩展の時間・場所案内

3日間ともワークショップを開催します。
予約不要。参加費500円
11/16~18 いずれも14時からスタートです。

2012年10月30日 |

カテゴリー:お知らせ

いつもと違う生活リズムの時の配慮(旅行・外出時のトイレットトレーニング)

帰省ラッシュの中、様々な親子を見てふと感じたことがあります。

旅行=移動=非日常

なんですね。我が家も子どもが2~3歳くらいの時期が一番大変だったなと思います。 普段できていても、うまくいかなくて当たり前ですが微妙で色々難しいお年頃だと、ついつい親の方もイライラMAXなりますね。   我が家の記憶では トイレに行くタイミングと渋滞の中での車中の過ごし方。

これに頭を悩ませたかな。 トイレに行くタイミングは、オムツがはずれるかはずれないかの時期非常に微妙でした。 娘には、もうすぐ天王寺に着くという時に「トイレ行く」と言われ、あわてたこともあるし 事前にあまり、「出る?」と聞くと嫌がられるし。そのときだけオムツにしてくれーと思っても いや(NO!) というのもあるし。(でも都合よくそうしてくれないんだよね(涙)

もう我が子の個性に合わせて対応するしかないかと思いました。 だから 「さっき言ったでしょ、あの時行かないからよ!!」   と怒らないで欲しい。 キモチはよーくわかる。   本人も大丈夫って思っていたけど間に合わないっていうのも経験だから。 着替えとタオルを沢山持って行って、うるさく言わずにやりすごしました。 携帯トイレなんていうのもあるしね。 そのとき、そのときの機転でいいんですよ。   大人だってあるもんね 「あ・・・さっき行っておけばよかったかな」っていうこと。 子どももあって当然ですね。

2012年10月30日 |

カテゴリー:子育ての知恵袋

病気あけ・この状態で保育園に行ってもよい?ダメ?

ワーキングマザーの一番の悩みどころは病気の時の我が子をどうするか・・ではないでしょうか?   微熱・下痢・なんとなく機嫌悪い そんな時「今日は 保育園に預けていいだろうか」とふと頭がよぎる。 行った後に体調が崩れ、発熱などあれば、お迎えの要請連絡が来るけど。 また 病気あけの時のすごく心が揺れる。   保育園に行って大丈夫かな・・と   個人によって判断基準が違うもだし,そのときの勤務状況や子どもを他の方が見るなどの 応援体勢でも違ってくるが

病気あけの場合

・発熱なら下がってから48時間後   ・食欲が戻る   ・便が普通に戻る。   ・活気が戻る。(ぐったり、だらだらしていない) を目安に判断されると良いかと思います。

家で大丈夫でも保育園だと集団が大きくなるのでたとえば大人がだるくて、身体を横に休めたい・・と思っていても オフィイスで寝られないように,保育園に行ってもだるくてあそべないようだと, そのお子さんはいつもと同じ園生活は送っていないということ。 何らかの配慮のもとに過ごしているはずです。

私も何回も 「もう休めない」 「なんとか 今日はもって」と祈るようなキモチで送り出すことが何回もありました。

また逆に 「この子は今日は、病気あけだから、ゆったりさせてあげた方がよい」 「入りたいだろうけど、プールは控えた方がよい」など、個別に配慮しながら保育したことも多々あります。   病気あけにあと一日の大事を取ることで、長引かないこともあります。 今は病後児保育や保育ママさんなどがあるのでそういうのを活用したり いざというときに、子どもを見られる人を数多く確保しておくことが、こういうときに役立ちます。   集団の中に戻る前に、少しゆったりと回復期の保育ができるところを あらかじめいくつか選択肢の中で持っておくと良いかも。   お母さん一人で背負ったら、厳しいです。 借りられる手は、いくつでも借りましょ!!

2012年10月30日 |

カテゴリー:子育ての知恵袋