ルーチェパステルとは

ルーチェパステル(Lucepaste)とはrucepastel

どんな方にもそれぞれの光(あかり)があり、輝く自分がいる。子どもの頃はためらうことなく表現していた自分。いつの間にかどこかに忘れてしまったりするが、年齢や立場・あらゆる枠をはずし、自分の中に眠っている子どもの気持ちを思いだし、その人らしい光で輝く応援をする。というコンセプトの元、アートワークや子育て相談を提供をするサロンです。

子育て中のママだって、絵を楽しみたい。
面談室に入っての子育て相談はなんか堅苦しいけれど、絵を描きながらなら気軽に相談できるかな。
昔、絵を描いていたけど、今は何もやっていない。気になるけど、楽しめたら。
苦手だったけれど、気軽に描けるものはないだろうか。

そんな方々に来ていただけたらと思っています。

命名の由来は   ルーチェとは、イタリア語で「光」を表します。
どんな方にもその人、それぞれの光(あかり)があり、輝きがあります。
そして灯り(あかり)は、ほっと心を和ませ、温かさを分けてくれます。 cyandol

光(ルーチェ)は

その人をその人の良さを引き出す光。
あなただけの美しい灯りを見つめ、優しく照らす。

光(ルーチェ)は、

影があってこそ光るもの。明るい色の裏には影がある。両方あって絵は引き立つ。
「おかげさま」という言葉は、影があることで明るさが引き立つ意味もあります。

私の原点は「雪あかり」にあります。
「雪あかり」 を知っていますか?  yukiakari

冬が長い北海道では、冬を楽しくすごす為に、雪を楽しみます。その一つにスノーキャンドルがあります。
雪がランプの代わりになるのです。 雪でランプのシェードのようなものです。
そこにろうそくをつけると 赤々とゆらゆらと光が灯ります。これが雪あかり。

ギラギラしたまぶしく強い光ではなく、はかないけれど、 ゆらぎながらも照らしている。

雪の中に、ぽつんと灯りがともると、それは冬であっても温かなぬくもりのある世界。
一瞬、冬の寒さを忘れるような、芯の強い光が灯っています。

優しい色のパステルアートと、ぬくもりのある灯りの温かさで、いらした方の心をあたため、元気になるお手伝いをすること。
絵を描く楽しさ・自分のことを振り返り、素敵な自分を見つけてまた明日への活力にして欲しい。
そんな願いを込めて、ルーチェパステル(Lucepastel)と名付けました。

2012年8月2日