子どもへの対応に迷う時のヒントは

お子さんへの対応に悩むこと。
「抱っこしたら、抱き癖がつくかしら?」
「ここは泣いてもダメって言う立場を貫こうかしら」
などなど、子育て中は日々対応に迷い、悩みます。

基本はやはり、「○○に書いてあったからそうする」よりも

自分が、その方法で違和感ないか」と自分のココロに確かめる。で良いのではないでしょうか。

「泣いているけど 抱っこすると 抱きクセつくから、抱っこしない」と我慢するより、ご自身が納得するまで抱っこしてあげるので良いのです。
「もう抱っこしたくないけど、受容しないといけないって本に書いてあったから、やっている」ではなく

もうこれ以上は、いいや・と思ったら、そうする。自分の気持ちに正直にする。

誰にあうやり方ではない、あなたの価値観・あなたの判断はご自分にとって最大のベストチョイスになります。

迷った時は、まずは自分に聞いてみて、やってみる。それでも自身がないときは
ワタシに相談してみてください。一緒に考えてみましょう。

2013年1月9日 |

カテゴリー:子育ての知恵袋